納得できない示談金の額

交通事故が発生してしまい、自分が被害者になった場合にはどのような対応をするべきなのか考えましょう。

現場に警察が到着して詳しく話をしている中で、お互いに険悪なムードになってしまうこともあるでしょう。

人間なのでそれは致し方ありませんが、きちんとした話し合いを今後行っていくためには、個人レベルでの攻撃的な会話は控えた方がいいでしょう。

警察が介入するだけでなく、保険会社の担当者も話に加わるようになることで、慰謝料や示談金の話に発展していくのですが、被害者側だけでは交渉時に不利になることもあるので保険会社の担当者と密に連絡を取りつつ、直接加害者側とは接触しないように気をつけましょう。

事故の内容により慰謝料や示談金について、早い段階で保険会社から提示されてきます。加害者が運転者である場合には、もちろん自動車の保険に加入していることと思いますが、任意保険にしか加入していなければ、それだけ示談金の提示額も低く抑えられてしまうでしょう。

家族の働き手である男性が被害者になってしまい、しばらく入院する羽目になるのに少ない示談金では生活することも難しくなるでしょう。このような保険会社からの提示額に対して、すぐに納得してはいけません。もしかしたら、弁護士に依頼することでもっと納得できる示談金を請求することができるかもしれないからです。

弁護士介入で早期解決